日向夏エステティシャンLIFEバナー
hana.jpg頑張れ毛穴ケアシリーズ(全12)
hana.jpgスポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hana.jpg食べ過ぎ注意!!!
2007年12月04日 (火) 15:52 | 編集
メタボ生活★改善プラン
(脱★メタボリックシンドローム)というシリーズが雑誌に
載ってました!

                      Byすこやかファミリー

最近お腹がまんまるしてきたので(汗)
目にとまりました。
よろしければ皆様も参考にされて下さいね!

それでは、まずはこちらをチェックしてみて下さい!↓↓

■知らずに食べ過ぎてるかも・・・チェック

・人より食べるものがかなり早い
・経験上、甘いものは別腹は本当だ
・太ってきて、食べる量も増えてきた
・1日2食の時がけっこうある
・空腹に耐えられなくたってから食べることが多い
・ストレスは食べて解消する


★1つでも当てはまる人は、自覚していなくても食べ過ぎの習慣が身に
 ついてるかも。
 とくに、肥満気味の人は、さらに肥満が進み、生活習慣病の危険性が
 高まります。 改めましょう!


--------------------------------------------------------------------
皆様おいくつだったでしょうか?

現在のところ私は2つでした。
しかし・・・怪しいのが後1つ。んんっ(*_*)ゝ多い・・(涙)

--------------------------------------------------------------------
食べたい!やお腹一杯!という食欲を支配してるのは、
■摂食中枢
■満腹中枢
です。
これらは脳の視床下部にあり、体から送られてくる様々なシグナルを
キャッチし、「食べろ」「もういらない」と指令を出しています。


その主なシグナルとして次の2つがあげられます。


●血糖・・・

 血液中のブドウ糖が不足すると空腹を感じ「食べろ」と指令を出します。
 食事をして血糖が上がると、満腹を感じて食べるのをストップさせます。


●レプチン・・・

 脂肪細胞から分泌されるホルモンで、食欲を抑制します。
 胃から分泌されるホルモンの「グレリン」や、
 神経伝達物質の「ドーパミン」、
 膵臓から分泌されるホルモンの「インスリン」
 腸から分泌されるホルモンなども食欲を調整しています。


早食いは食べすぎを招きますが、これは血糖値が上昇したのを
満腹中枢がキャッチする前に、お腹にたくさん入れてしまうためです。

消化器系にも負担をかけるし、食費もかかるし、太るし、いいことなしですね・・


また、食べ過ぎてしまう原因として「レプチン」の働きも重要です。
レプチンは「もうエネルギーはいらない」というシグナルとして脳に
働きかけることにより
食欲を抑制し、肥満を防ぐ役割を果たしています。


ですが、肥満の人はレプチンが効きにくくなるのです。


■肥満⇒レプチンが効かなくなる⇒さらに食べ過ぎる・・・の悪循環に

肥満の人は脂肪細胞が大きくなるために、レプチンの分泌量が増えます。
レプチンの分泌量が増えますが、逆に脳に到達するレプチンが減少し、
効きが悪くなります。

「エネルギーは十分」という情報が伝わらず食べ過ぎてしまう・・・
体脂肪率減らさないといけません(汗)


そして、他には私が重要視してるのはストレスです。

過剰ストレスによる「脳疲労」が人を肥満にする。
これはブックス理論によるものですが、この考え方を知った時は衝撃を受けました。
そしてブックス理論によるダイエット法にも驚きましたが、
「なるほどなぁ、そうかもしれない」と強く感じました。


カロリーと運動量のアンバランスの結果が肥満。
その原因は「脳内関係のアンバランス(脳疲労)だったのです。
つまり、過剰ストレスによって脳の処理能力をオーバーすると、
脳内の大脳新皮質、大脳旧皮質、脳幹の関係が破綻して「脳疲労」が
起こります。
そのために食欲中枢の命令異常が起こり、甘いものや脂っこいものが
好きになり、やめられない、大量に食べるなどの摂食異常が生じ、
その結果として太るのです。

                                By・BOOKSCORE


世界で初めて大脳にアプローチしたBOOCSダイエット
肥満の原因である「脳疲労」を癒すことによって肥満を解消する方法。
九州大学健康科学センター藤野武彦教授により開発されたBOOCS理論です。
ご興味のある方はサイトをのぞいてみて下さいね♪


最後にレプチンのいろいろな役割を知っておきましょう!

■レプチン

 ・視床下部に働きかけて食欲を抑制するほか、脂肪組織などで
  エネルギー消費を促す働きもしています。

 ・肥満の人では、レプチンがたくさん分泌されますが、
  逆に効きが悪くなり、食欲を抑制することができなくなります。
  これを「レプチン抵抗性」といいます。

 ・女性の思春期でも重要な役割を果たします。
  初潮は母体に脂肪が蓄えられ妊娠が可能になった時に
  訪れますが、脂肪細胞から分泌されるレプチンをシグナルとして、
  初潮が訪れると考えられています。


blogranking.jpg次回は食べ過ぎを防ぐ方法です!


 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ストレスが溜まると…食欲が増します**改めたい!と良く思っています。miwaさんのブログは勉強になります!
2007/12/09(日) 17:55:05 | URL | bi-i-chi #-[編集]
☆bi-i-chiさん

いつも有難うございます!
そうですよね、ストレスが溜まると・・
増してしまいますよね(汗)
食べて満足するのは一瞬なんですけどね・・・(涙)

最近は甘いもののペースが落ちて、
体調も良いです♪
2007/12/12(水) 13:06:14 | URL | miwa #iW6t71iw[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。